ごあいさつ

2020年、私たちの生活は、新しい感染症の影響で大きく変わりました。
株式会社Eastがこれまで十年以上続けてきたミュージアムショップの仕事も、とてつもなく大きな影響を受けています。そんな中、思い出したのは、過去に日本で開催される展覧会のために、一緒に頑張った、世界のミュージアムで働く、友人知人達のことでした。
特に、毎年多くの日本人観光客も訪れていたはずの欧米のミュージアムには、日本から今、ほとんど誰も訪れる事もなく。きっと寂しい思いをしているに違いない。そう考えた僕たちは、この夏にメイルを書いてみました。

お久しぶりです。大変なことになりましたね。元気にされていますか?

すぐに返事をくださった人、自宅待機中に連絡をくださった人、長く現場を離れていて復帰後すぐに連絡が取れた人、こんな時でもちゃんとヴァカンスを取り、その後連絡をくれた人、色々な人達がいましたが、世界中の皆さんが、大変そうであることは、間違いありませんでした。手紙の続きはこんな感じです。

日本のミュージアムも世界の例外ではなく、数ヶ月間、閉鎖していました。
大きな展覧会も、延期や中止になり、しばらくは同じ状況が続くことが予想されます。
少しずつ再開した今でも、色々な制限があったり、まだ自粛している人も多く、ミュージアムに安心して、以前と同じように多くの人が、訪れられるのは、もう少し先の事になりそうです。

日本国内のミュージアムに足を運ぶことすら難しく、海外はもっと遠い存在になってしまいました。そんな状況の中、これまでミュージアムショップに関わってきた私たちに、できることがないかと考えました。

アートは空気や水のように、無いと生きていけないものではないかもしれませんが、人をより幸せにするのには不可欠のものだと私たちは考えています。

そこで、これまで一緒に仕事をした、皆さん(世界のミュージアム)の持っているポスターを直輸入して、それを日本の皆さんに紹介していくオンラインのショップをつくろうと思います。そのショップの名前がTHE MUSEUMS SHOP by East (ザ ミュージアムス ショップ バイ イースト)です。

それらポスターは、世界中のミュージアムと、日本のミュージアムファンの皆さんの部屋の壁を繋ぐ「窓」のような存在になるはずです。
部屋に花を飾ると空気が変わるように、アートポスターも、その空間を変える力を持っています。

外出を自粛している人、リモートワークで家にいる時間が増えている人、そんな人達にも、ぜひこの機会に、ポスターを部屋に飾る楽しさを、再提案出来ればと思っています。

そして、それらポスターを購入いただく事で、これまでお世話になった、世界のミュージアムの皆さんに、ほんの僅かではありますが、直接、応援させていだけるのではないかと。

ともだち同士の無事を確かめ合いながら、励まし合ってこの危機を乗り越えていく、今、大切なのは、互いを思いやる気持ちなのだと思います。「何を綺麗事を、、、、」そう思われるかもしれません。でも、僕らの仕事の場は、ミュージアムです。ミュージアムが、綺麗でなくて、美しくなくて、どうしましょう(笑)

どうか、このプロジェクトに賛同してもらえませんか?

私たちの目的は、モノを販売することだけではなくて、それよりも、ミュージアムのことを、多くの人達に知ってもらい、いつかまた国外への旅行が楽しみになるように、そしてその時にあなたたちのミュージアムが、多くの人たちの「行きたい場所」になるようにすることです。

本来なら、展覧会という枠組みの中でしか実現が難しいということを、私たちは知っています。
でも、こんな時ですから、もしも何かを一緒にできたら、本当に、本当に嬉しく思っています。

要約しても長いですね。。。
もしも、十箇所のミュージアムから五種類ずつ集まったら五十種類、十種類ずつなら、百種ものポスターが集まることになると想像しながらスタートしました。

普段は展覧会以外で国外への卸売などは、ほとんどおこなっていないミュージアムばかりです。でも、私たちは繋がっていました。
嬉しい返事が届きはじめます。その一部をお見せしましょう。


◉ Secession - Gabriele(ウィーンの分離派会館 ガブリエルさん)
It is a great idea to sell the posters online; we would be very pleased to deliver our posters again;
オンラインでポスターを販売するのはとっても良いアイデアだと思います。喜んで、またポスターをお届けします。


◉ Francis Bacon - Eli(フランシス ベーコン公式グッズ制作者 エリーさん)
it's a wonderful project, congratulations!!!!
おめでとう!!!素晴らしいプロジェクトだと思います。


◉ Statens Museum for Kunst (SMK) - Charlotte (デンマーク国立美術館 シャルロットさん)
I agree with you – even if life is slowly going back to “normal” it is not the same and I think that your “bringing art to your home” is a marvellous idea.
生活が少しずつ「普通」に戻ってはきていると思うけど、コロナ前とは違うし「家にアートを!」というのは本当に素晴らしいアイデアだと思います。


◉ Statens Museum for Kunst (SMK) - Frantz (デンマーク国立美術館 フランツさん)
What a wonderful idea, to bring museums from all over the world home to everybody via posters. I’ll be very delighted to help you.
世界中のミュージアムをポスターと通してみんなに届けるというのは素敵なアイデアだと思います。喜んで、お手伝いします。


◉ Royal Academy of Arts - Jo (ロンドン ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ ジョーさん)
Junko it’s so nice to hear from you, and of course we would absolutely love to work with you.
連絡をくれてありがとう、喜んで一緒にお仕事をしたいと思います。


◉ Wien Museum - Ursula(ウィーンミュージアム ウルスラさん)
To me it seems to be a very good idea to bring the museums to the people as long as they cannot travel. And besides I naturally would really like to go on working with EAST, even if it is not directly in my field…
旅行ができない人々のもとへミュージアムと届けるというのは個人的にはとても良いアイデアだと思います。そして何よりもEastと引き続きお仕事ができるのが嬉しいです、私自身直接関われなかったとしても。(副館長だから・・・)


◉ Wien Museum - Florian(ウィーンミュージアム フローリアンさん)
Ursula, Christina and Matti were so full of praise for both the exhibitions in japan as well as your work, that I am glad to get in touch. In most cases the cooperations like the one you are mentionin, between us as a lending institution and other museums end with the last day of the exhibition. But I agree that these are very special times that need special initiatives to keep our audiences interest in art and museums alive.
ウルスラ副館長、クリスティーナ財務部長、そしてマッティ館長。三人とも日本の展覧会とショップについて大絶賛でした。なので、連絡をくれてありがとう。通常であれば、展覧会が終わった時点で、レンダーとショップの契約は終わるのだけれども、あなたが言うように、このような異例な状況においては、人々のアートとミュージアムに対する想いに応えるために何か特別な方法が必要だと思います。


◉ TATE - Lawerence(ロンドン テート美術館 ローレンスさん)
The below proposal sounds exciting
面白い提案だと思います。


◉ National Gallery of Art (NGA) - Nancy (ワシントンDC ナショナル・ギャラリー・オブ・アート ナンシーさん)
I think this is a great idea to collaborate
協業するのは素晴らしいアイデアだと思います。


◉ Victoria and Albert Museum (V&A) - Lauren (ロンドン ヴィクトリア&アルバート博物館 ローレンさん)
Look forward to hearing more about the plans for East’s online initiative for art lovers and will be happy to discuss with you
Eastによる美術好きの人々に捧げるプロジェクト、楽しみにしています。 


どうですか?書き写していて、泣きたくなるくらいです。世界の名だたるミュージアムの皆さんが、僕らの書いたメイルにこうして、反応してくださったのです。

今、本当に必要なのは「旅に行け」「食事に行け」「お金を使おう」という経済最優先の消費喚起ではなくて、みんなで助け合う事なのではないでしょうか。
お金を支払うというのは、単純にモノを所有する欲を満たすのではなくて、その先にいる誰かを応援する事であるならば、とても素敵です。Eastはそう考えています。

既に、いくつかのミュージアムが、大変な状況の中、ポスターを配送し始めてくれています。

今後、届いた順に、このページで、紹介していきたいとさ思います。毎週土曜の朝に更新する事を目標に、スタートを切りたいと思っています。

6〜7ヶ所からのポスターを順にお見せできる予定です。

先日、Twitterを通じて、ショップに載せる写真を撮ってくださるボランティアを募集したところ、一晩で10人を超える応募があり、その人たちの応援を頂くことになりました。今回の、分離派会館と、次回配信予定のテートミュージアムの回は、末松千夏さんと、山田理恵さんのお二人が、撮影くださった写真をもとに、ページをつくってあります。お二人共、とても真剣に、でも楽しそうに撮影してくださいました。それは、画像にも表れていると思います。心から感謝しています。ありがとうございました。

決して大量のアイテムをいっぺんに紹介したり、世界中のグッズを買う為のショッピングモールををつくりたいのではありません。

ここでは、人と人が繋がっている事への感謝を。ミュージアムの世界には、そういう心が残っているのだと。
そういう大切な事を皆さんと共有していく場所にしていけることを夢見ております。

また、この活動に、共感して、参加を希望してくださる国内のミュージアムの皆さんとも、積極的に、ご一緒していければと思っております。

励まし合い、助け合って、この世界的な危機を乗り越えていきましょう。

株式会社East
代表取締役 開 永一郎

送料について

一回のご注文につき700円(税込)となります。

配送について

ご注文より10日以内に発送致します。
※ご注文の混雑状況によりさらに時間がかかる場合がございます。
※ご注文完了後に完売・欠品などにより商品をお届けできない場合は別途ご連絡いたします。
※配送は日本国内のみとさせていただきます。

お支払い方法について

商品のご購入には以下のお支払い方法が使用可能です。

クレジットカード:
Visa、Mastercard、JCB、American Express

・カード決済は、ご利用されたカード会社の締日、決済日に準じてのお引き落としとなります。
・お支払い方法は一括払いのみとなります。
・カード番号は暗号化されて送信されます。
・上記のカードであっても発行形態によりご利用いただけない場合がございますので予めご了承ください。

領収書について

ご利用のクレジットカード会社が発行するご利用明細書をもって領収書に代えさせていただきます。

ラッピングについて

ギフト用ラッピングは承っておりません。

返品と交換について

初期不良品、ご注文とお届け商品が異なる場合は交換いたしますので、商品到着後1週間以内にお問合せフォームにてご連絡ください。
※お客様のご都合による返品・交換はお受けすることができません。(イメージが違う、サイズが合わない、注文を間違えた、などを含みます。)
※事前にご連絡をいただかずに商品を返送いただいた場合、商品をお受け取りできない場合がございます。